京都市山科区 施術うまくやる ほぐし問答 指名率あげたい 整体基本 ほぐし リラクゼーションマッサージ 施術方法 日常生活での指導方法 ノウハウ 肩こり 腰痛 アンチエイジング エイジングケア 姿勢 おすすめ商品グッズ紹介 デスクワーク 猫背 かたもみ堂 技術勉強 スクール学校

[プロ向け] ほぐし整体を上手くやる方法 | 整体施術と指導のガイドライン(基本&問答) by 姿勢指導と施術の講師 片籾庄司 / 細田健太

当ブログはほぐし整体・リラクゼーションマッサージ等のプロの施術家のための内容を記載したブログです。指名率アップやお客様満足度を向上させるためにご活用下さい。

施術がしっくりこない(ぼやっとしている)

答えはズバリこれ!

[原因] コリをとらえることができていない

 

たしかに皮膚がめちゃくちゃ硬くて全く沈み込まない!といったお客様に遭遇することもあります。そういったお客様の対応はここでは割愛させていただき、上記の原因に対する対策をみていきましょう。

[対策]

 まず、コリとは単に硬い部分を言うのではなく、その中にあるわずかなザラつきのある部分を言います。単に盛り上がっている部分や単に硬い部分がコリではないので念頭に置いておいて下さい。ただ硬いからと言ってそれをいくら押したり揉んだりしてもコリをとらえていなければ効果はかなり低下します。やはり効率よく施術するためにはコリをしっかりとらえて逃さないように施術することが原則となります。

f:id:daisy72001:20180129114327j:plain

 それができていないと施術がぼやけてしまったり、しっくりこないと言うことが起こってきます。術者がそのような感覚である限り、受けているお客様も同じように、ぼやけている、しっくりこない、圧迫されて苦しいだけでダルさを感じている部分に当たらずモヤモヤすると言った事態を招きます。そうなるとお客様は苛立ちすら感じ始め、余計にストレスになります。確かにコリを見つけるのは容易ではありませんが、じっくり練習を重ねることによって見つけられるようになります。

 

 コリの見つけ方としては、まず手の平や手根または指で筋肉の盛り上がりの奥側から手前に軽く皮膚のたるみを取るためわずかにスライドし、奥側に突っ張り、手前にたるみを持たせる状態にします。そしてその状態を保持するため筋肉の盛り上がりのやや手前に指先や手根で支点を作ります。次いで、支点からテコの原理で手指等を筋肉の盛り上がりの奥側に倒しこんでいきます。筋肉の盛り上がりを舐めるように、たるみをとった分だけ戻すイメージです。

このとき、しっかり圧を加えた状態で盛り上がりを逃さないように行うようにして下さい。そのためには押圧の深さも大切です。文字では押圧と書きますが「押す」ではなく「沈める」が正しい表現です。

f:id:daisy72001:20180129114433j:plain

 

 これらを正しく行うことができれば、手指等にほんのわずかですが猫の舌のようなザラつきを筋肉の盛り上がりの一部に感じられるようになるはずです。そのザラつきをしっかりとらえて施術を行えば、ぼやけることなく、しっくり感のある施術が実現します。しっくり感が現れたときにお客様に「これですね?」と軽く尋ねてみてください。たいがい「それそれ」といったニュアンスの返答を得られるはずです。

 

 とにかく探す練習を重ね、施術中に見つけたと思ったらすかさずお客様に確認して反応をうかがう。実際、あまり確認ばかりするのも良いこととは言えませんが、確実なものにするためにはやむを得ないことで、それを繰り返すうちに自然と感覚をつかめるものだと思います。根気と集中力が必要ですが、これはお客様と術者ともに効率よく安全に施術を行う上でとても重要なことですので、必ず修得したいところです。

 ただし、コリを見つけることができたとしても、それに対して効率的に押圧したり揉捏したりしないといけません。特に押圧の際は手指や前腕、上腕を一直線にすることが最も負担が少ないことを踏まえ、常に施術面に対して垂直に圧をかけられるよう自身の体勢等を細かく調整するようにして下さい。