もみほぐし リラクゼーションマッサージ 施術法 健康のための運動指導法 指名客増やす 健康のために頑張るセラピストに役立つサイト

[もみほぐし&リラクゼーション指名増やすためのサイト/ 指名客・顧客の健康のために頑張るセラピストに役立つサイト

ご閲覧ありがとうございます。このサイトは、もみほぐし&リラクゼーションマッサージが上手くなる方法、指名を増やす方法が盛りだくさん☆その他、健康増進のための姿勢指導法や運動指導法も紹介しています。姿勢教育指導士・柔道整復師の細田健太が、これまで指名率70%以上達成の実績をもとにセラピストに直接役立つ情報を詳しく解説しております。施術や指導は大変な仕事です。ともに心して向き合いましょう。

整体師頭中[肩の痛み?編]

なんか分からんけどこの辺が痛いねん。と言いながら自らバンザイの動作や腕を後ろに回す動作をして次の瞬間、「いてててて!」・・。

どこが痛みましたか?たいがいは上腕の三頭筋(腕の付け根の太いところ)や二頭筋(力こぶ)あたりだと返答。普段と違うこと何かしましたか?別に。

少し触りますね。痛みの訴えられている部分を軽く触ってみる。さっき痛いと言っていたのに痛くない。。なるほど。神経痛か。腕の動作角度によって神経が刺激されて特定の場所に痛みが現れているのかな。と推測。では、三頭筋や二頭筋を支配している神経は何か?脇の下を通っている神経。なので脇の下や肩甲骨の外側縁の筋肉に軽くアプローチしてみると、「いてててて。」となればオッケー。もちろん痛いことが別に良いことではないが、その場所に原因がある可能性を発見できたことにオッケ。

あとは、その部分含め、肩甲骨まわりに対してアプローチ。

もちろん、いきなり痛い場所を攻め続けるのはドS。痛みのない肩甲骨まわりからアプローチすることが人間らしいと思う。

ある程度施術すれば、ある程度の痛みは軽減することが多い。個人的見解だが。

しかし、完全に治ることは稀なので、治しますとは最初から言わない。治ったらラッキー程度で。と言うのも、そもそも脇の下の神経が刺激されてしまう原因が、その人にも原因があるから。やっぱり猫背になっていたら良くないですね。だから施術の後は必ず姿勢指導。

すなわち、治すことができるのは本人の努力。整体屋にできることは体の動きを付けることと、何かしら指導すること。個人的見解ではそんな感じ。

 

ちなみに最初に戻って、痛みを訴えられている場所に触れたとき、その場所がまさに痛い!それはまた別問題。あまり触れずに受診を勧めましょう。場合によっては腱損傷や骨折、脱臼の可能性も否めない。普段と違うこと何かしていないか。しっかり思い出してもらいましょう。重い荷物を持ち上げた。子供を抱き上げた。どこかに腕をぶつけた。こけた。などの返答がきたら迷わず病院へ。